1. HOME
  2. ブログ
  3. ガイド(ホスト)デビュー手記
  4. 枝広 記子さんの手記

ブログ

blog

ガイド(ホスト)デビュー手記

枝広 記子さんの手記

まったくのガイド未経験者が、セミナーに参加し、約2ヶ月で日本人向けのTABICAで体験ツアーを作り、ゲストをお迎えし、更にAirbnbのホストになりました!

2019年11月30日

最初に私が斉藤さんの講座に申し込んだのはちょっとした好奇心からでした。

【資格がなくても旅行業や観光業★ハイブリッド体験ガイドになろう!】
https://www.street-academy.com/myclass/58865

当時は毎週末のように、ストアカの何かの講座を受講していたのですが、斉藤さんの講座を発見した時は、ちょうど英語の勉強をやり直しているところでもあり、英語を実践で使うチャンスとして訪日外国人相手のガイドを週末にでもできたら…と思って申し込みました。

ただ残念なことに、初回の申し込みは台風で流れてしまいます。改めて申し込み直してようやく受講できたのは、11月3日(土)のことでした。

当日はまずカフェで体験ツアーとパッケージツアーの違いや、色々なマッチングサイトの特徴をレクチャーして頂きました。中でも印象に残ってるのは、ガイドとホストの違い、「ガイドは歴史を語るが、ホストは今のリアルな現在を紹介するものだ」、という言葉です。

カフェでのレクチャーの後、斉藤さんの体験ツアーの中でも人気のある新幹線見学ツアーを時間短縮版で体験させていただきました。こちらで体験ツアーのホストがどういうものなのか、具体的なイメージがつかめたと思います。

講座の最後に、体験ツアーのホストに挑戦してみるのであれば、インバウンド向けではないが最初はTABICAが良いと勧められました。

鉄は熱いうちに打て”の精神で、当日家に帰って直ぐTABICAに登録し、翌日(日)とさらに祝日だった月曜の2日を使って3件体験ツアーの下書きを作成。連休明けの11月5日(火)の朝に斉藤さんにメールでご連絡したところ、すぐさま下書きを確認してくださってコメントを頂きました。

すぐに公開するよう勧めて頂いたのですが、私自身まだ見直しをしたかったこともあり、しばらく下書きのまま寝かせて置き、その間に他の方にもアドバイスを頂いたり、私自身TABICAの体験ツアーにゲストとして参加させて頂いたりしていました。

実際に公開したのは約2週間後の11月20日(水)です。
その時点では4件の体験ツアーの下書きを用意していたのですが、4件一度にとなると準備が大変なので2件のみの公開でスタート。

その週末の23日(土)、つまり3日後ですが、私の体験ツアーに初めてのお申込みがありました!続いてさらにもう一件のお申込み!!
公開した2つの体験ツアーそれぞれに一人ずつお申し込みをいただきました。うち一つの体験ツアーは自分としては、日本人には需要ないだろう、と思っていた、デパ地下+昼飲み体験です。斉藤さんのお言葉に背を押されて挑戦してみて本当に良かったです。

ここまで、11月3日(土)に斉藤さんのストアカ講座を受講してからわずか3週間後のことです。まだ温めているアイデアもたくさんもあリますので、TABICA、また将来的にはインバウンド向け体験ツアーにも、是非挑戦して行きたいと思っています。

2020年1月3日

追伸。

お正月休みにairbnbにも体験を1つ初申請してみました。ウォーターシール使った、ジェルネイルのワークショップ体験です。

【資格がなくても旅行業や観光業★ハイブリッド体験ガイドになろう!】
https://www.airbnb.jp/experiences/1433718

体験を申請したのが12月30日(水)、身分証明書(パスポート)の写真をアップロードしたのが翌日の31日(木)大晦日でした。
airbnbは審査が厳しい、とお聞きしていたので一ヶ月くらい先に公開出来ればいいなぁ…くらいに思ってたのですが、なんと、1月2日にairbnbから「おめでとうございます」のメールが!!思いがけないお年玉になりました。

私個人で言えば、TABICA, Airbnbの他、ストアカ、アクティビティジャパンでのオンライン体験に2020年は挑戦しました。どちらのプラットフォームもオンライン開催自体、初めての試みであり、主催者共々手探りでのスタートでした。

zoomのようにクリック一つで参加できるツールを使っていても、通信環境の問題やマイクやスピーカーのトラブル等、リアルな体験では起こり得ない問題が次々に発生します。また、それらをクリアしても次はどうやってインタラクティブな体験を作るか、と言う挑戦が待ってます。

オンライン体験ではリアルな体験とは全く別の観点、勘所があるのがこの一年の試行錯誤でようやくわかって来た感じです。
正直なところ、オンライン体験そのものはまだ進化途上だと思っています。リアルな体験に少しでも近づけようと、ホストだけでなく、様々なプラットフォーム、旅行会社も努力していますが、オンラインならではの課題が多く残っています。

香り・味・感触、五感のうちの3つが届けられないハンデ、アイコンタクトの欠如、微妙なタイムラグによる会話のテンポのズレ、などなど。
しかし、視点を変えれば、「改善していける余地が多い」ということでもあり、また予算の潤沢な大きな旅行会社でなくても「発想で勝負」できるフィールドだ、ということです。

今後数年、特に旅行、レジャー業界は激動の時代になる、と考えています。「ピンチはチャンス」と言われるように、私のような、ぽっと出のホストがチャンスを掴む可能性もゼロではありません。

Airbnb申請時に周りから聞いたり、本を読んだりして、留意したことなど

斉藤さんの本と、ストアカ講座、RailfunGuideのチャットだけですー

プロフィール:枝広 記子

枝広 記子

本業はITC一筋で硬いのも柔らかいのも含め様々なプロジェクトに携わって来ました。趣味はセルフネイルと食べ歩き。旅行に行くこと自体は好きですが、旅行業界には全く門外漢です。現在、英会話と速読とボイトレ(歌じゃなく滑舌改善の方)を習っています。

【TABICA】
https://tabica.jp/users/53557

関連記事