「ラグビーワールドカップ2019」試合会場周辺で体験ツアー作成セミナー開催

  • 2019.3.8
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ラグビーワールドカップ2019」試合会場周辺で体験ツアー作成セミナー開催
~『資格がなくてもインバウンドのツアーガイドになれる本』出版セミナー~

2019年3月8日
学びing株式会社

学びing株式会社(本社:千葉県成田市、代表取締役:斉藤 常治)は、2019年3月9日発売の『資格がなくてもインバウンドのツアーガイドになれる本』の出版を記念して、「ラグビーワールドカップ2019」試合会場周辺で体験ツアー作成セミナーを開催します。

「ラグビーワールドカップ2019」は、2019年9月20日(金)から11月2日(土)まで、北は北海道から南は熊本まで以下の全国12ヶ所で44日間、全48試合が行われます。約40万人のインバウンド(訪日外国人)と、経済波及効果は4000億円以上という試算もあるようです。
北海道(札幌市)、岩手県(釜石市)、埼玉県(熊谷市)、東京都(調布市)、神奈川県(横浜市)、静岡県(袋井市)、愛知県(豊田市)、大阪府(東大阪市)、兵庫県(神戸市)、福岡県(福岡市)、熊本県(熊本市)、大分県(大分市)

もはやインバウンドは、ゴールデンルート(東京、箱根、富士山、名古屋、京都、大阪などを巡る観光ルート)以外の日本全国どのような場所にもやってきます。「モノ」消費から「コト」消費への変化の中、訪日外国人は新たな体験を求め地方の観光資源に興味を持つようになりました。

『資格がなくてもインバウンドのツアーガイドになれる本』の中では、著者の当社代表の斉藤 常治が、生まれた岩手県上閉伊郡大槌町の「県立大槌病院」への想いも綴られています。小学3年生までのほとんどの記憶は盛岡市ですが、母親が、本家の祖母が住んでいた大槌町に里帰り出産したため、ここが生まれた場所になりました。2011年、東日本大震災で、子供の頃の里帰りの、夏休みの思い出がつまった祖母の家、大好きだったJR大槌駅も津波で流されました。
隣は「鉄と魚とラグビーの街」釜石市です。ここも津波で甚大な被害を受けました。この地に東日本大震災の被災地で唯一の、ラグビーワールドカップ2019日本大会の試合会場として「釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアム」が建設されました。
今回は、4/13(土)に故郷岩手(盛岡)でも出版セミナーを行います。この期間、鉄道ファンの斉藤は、3/23 にJR東日本から三陸鉄道に移管され再建される予定のJR山田線大槌駅を見に行くことを楽しみにしています。

世界的に「宿泊、体験、移動手段をワンストップで提供しているAirbnb」では、昨年、夏より日本の全地域で体験サービスしています。大阪や東京では100~300くらいの「お茶」「着物」「習字」「料理」「写真」「武道」「居酒屋ツアー」「オタクツアー」「穴場ツアー」等など従来の観光とは異なるユニークな体験ツアーが人気を集めています。しかし、札幌で約20、福岡約30、仙台1、岩手は0の登録数です。ラグビーワールドカップ2019の全国12会場周辺では、選手村も用意され、ラグビーワールドカップ開催期間中は交流人口も増えることが予想されます。
今回の『資格がなくてもインバウンドのツアーガイドになれる本』出版セミナー第一弾は、東京、福岡、大阪、仙台、岩手、札幌で開催します。
Airbnb、Voyagin、VELTRA、アクティビティジャパン、TripAdvisor Experienceなどの「ガイドマッチングサービス」の特徴を紹介しながら、この本をテキストに更に深い内容を話します。
ビッグイベントが続く日本の観光業界で、日本の文化や習慣をインバウンドに紹介しながらコミュニケーションしたい方や、自分の経験と知識を活かして報酬を得たい方の参加をお待ちしております。

■出版セミナーの会場と日時
【4/4東京:30名】2019年4月4日(木) 19:00〜20:15
【4/9福岡:18名】2019年4月9日(火) 18:30〜19:45
【4/11大阪:30人】2019年4月11日(木) 18:30〜19:45
【4/12仙台:25人】2019年4月12日(金) 18:30〜19:45
【4/13岩手:20人】2019年4月13日(土) 11:00〜12:15
【4/18札幌:14人】2019年4月18日(木) 19:00〜20:15
※詳細や申込ページへのリンクは、以下URLをご覧ください。
https://railfanguide.jp/guide_matchings/publishing-seminar.html

■『資格がなくてもインバウンドのツアーガイドになれる本』書誌情報
<定価>1500円(税別) <判型・ページ>四六版・本文2色 176ページ <発行>秀和システム
※本書の情報は右記URLでもご覧になれます。 → https://railfanguide.jp/notice/0309cover.html

【学びing株式会社について】
2006年さいたま市でITベンチャーとして創業。2019年1月「成田市」に移転し「エアポート都市構想」と「医療ツーリズム」で、今後30年人口が減らないといわれる街「Narita」を拠点に、ITから観光業に注力。
少し肩身の狭い鉄道ファンが、2019年ラグビーワールドカップ/2020年東京オリンピック/2021年World Masters Games/2025年日本万国博覧会(大阪)に来る、インバウンドにJRパスのコースづくりや、体験ツアーを企画して、日本の観光業に貢献する「RailfanGuide ( https://railfanguide.jp/ )」活動を推進しています。

<会社概要>
学びing株式会社
代表取締役:斉藤 常治
所在地:〒286-0015 成田市中台1-1-2 グリーンコーポ中台9-502
設立: 2006年(平成18年)10月2日
事業内容: インバウンド向け鉄道関連アクティビティの企画・コンサルティング/RailfanGuide(レールファンガイド)関連事業/書籍の執筆、講演等
資本金:1,000万円  
URL: https://manabing.jp/

<本件に関するお問い合わせ先> 学びing株式会社 斉藤 常治
Email:saito@manabing.jp / railfanguide@gmail.com   TEL:0476-33-7116