このコーナーでは英語の学習過程を書いていきます。

私は2018年11月1日で57歳になりましたが、高校二年生の時に英検2級をとり、サラリーマン時代や、自分で会社を興してから、米国(シアトル、サンノゼ、ニューヨーク、ラスベガス、ソルトレイク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、サンタアナ)フランス、旧西ドイツ、スイス、香港、シンガポール、オランダ、中国(北京、上海、鎮江、揚州)と出張しました。それですからこのインバウンド向けの体験ガイドを思い立った時、自分に自信をつけるために初めてTOEICにチャレンジしました。しかも勉強もせずに全くのぶっつけ本番で。
結果は、写真を見て下さい。

勘でやっても、ここまで酷い点数は取れないみたいです。

予約が入っちゃったAirbnb体験ホストをやるために、当日、いろんな工夫をしています。(詳しくは今度でる本にも書いています。)

普段は、「どんどん話すための瞬間英作文」と「NOBU式トレーニング」という本を買ってのトレーニングは自分には向いているようで数。映画の字幕や、聞く英語には少し注意していたつもりですが、実際の現場では簡単なやり取りすら喋れないことに気づきました。これらの本での中学校レベルの簡単な文章を瞬間的に話す(頭の中で英作文)する自己学習は少しずつ身についている感じがします。

余談ですが、日本の英語教育は文法偏重だという批判があり、自分も賛同していました。実際にこのトレーニングをやってみると中学1年生、2年生、3年生で教わった基礎的な英文法が本当に役に立っている実感を持ちました。

このコーナーでは、体験ツアーのガイドをしながら学んでいる英語の話題を書いていきます。
※「資格がなくてもインバウンドのツアーガイドになれる本」には、上記を再編集して書いています。

関連記事