字幕版映画を見た時

昨日、久々にイオンシネマ千葉ニュータウンで映画「アリータ: バトル・エンジェル」を見ました。

ジェームズ・キャメロン製作らしく、本当に面白い映画でした。(続編があるように感じました。)

いつも、英語の勉強をかねて、字幕版で見るのですが、昨日は、何か妙な感じがしました。気のせいかもしれませんが、字幕を見なくても英語の会話の半分くらいは、なんとなく意味がわかったのです。会話が簡単だからかもしれませんが、なにか、初めてコンタクトをして、見づらかった視力が少し見えるようになった感じです。

ラジオもテレビ(AmazonのFire TV Stick)も、ほぼ毎日、NHKの海外向けサービス「NHKワールド JAPAN」を見るようになったからかな。

 

 

関連記事