成田空港は2019/10/27に大きく変わった!

2019/10/27は、成田空港にとって色々、変化がありました。

1.1978年の開港以来初めて運用時間を延長
A滑走路の運用時間を、これまでの午前6時~午後11時までを1時間延長し24:00(24:30まではカーフュー弾力運用)まで延長。
午後10時台のA滑走路とB滑走路各10回ずつ、計20回までの便数制限も廃止。発着回数を大幅に増加させることが可能となりました。
空港内の商業施設や交通アクセス面も営業時間を延長し、最終運航便を遅らせるなどの対応をとったほか、都心から成田空港までの最速のアクセス方法となるスカイライナーは日中20分間隔の運航となりました。

2.LCC(格安航空会社)のバニラエアは、2019年10月26日に約5年10ヶ月間の運航を経て、同じANAグループのLCCであるピーチと経営統合。ピーチ(Peach Aviation)の利用は第3ターミナルに変更。

おまけ情報
ANAのエアバスA380特別塗装機「FLYING HONU」が冬ダイヤへ。到着が1時間遅くなりました。
  

関連記事

Translate »