成田空港温泉「空の湯」速報詳細(送迎バス時刻表)

成田空港温泉「空の湯」は、今日(12/14)15時からプレオープン。12月18日のグランドオープンを前に、入浴してきたレポートです。成田空港第2ターミナルから送迎バスで行きました。

成田空港温泉「空の湯」とは

飛行機が見える屋上露天風呂の他、岩盤浴、宿泊・休憩設備、レンタサイクル、ボルダリング、カラオケ、卓球等を完備した宿泊、日帰り含め様々な過ごし方ができる新しいスタイルの温浴施設。2019年12月18日グランドオープン。

「空の湯」コンセプト

単純に成田空港の近くにあるからつけた名前でないことは、施設のあちこちにおかれた80~100インチくらいのモニターに映っているものを見ればわかります。なんと、「Flightradar24 」。
飛行中の民間航空機の現在位置をリアルタイム表示するウェブサイトならびにスマートフォン・タブレット向けアプリケーション。これが、露天風呂から休憩エリア、至るところにあります。
お風呂も、ほとんどが空に向かって寝るような感じのものが多く、飛行機を見てください状態。
残念ながら、自分がいる間は見ることができませんでした。

送迎バス

送迎バスは自分一人の一番乗り。今までわからなかった時刻表がわかった。
乗り場:成田空港第2ターミナル1階23番B。毎時20分、50分のよう(空の湯からは毎時10分、40分)

本来は、空港第2ビルから、徒歩か無料ターミナル連絡バス→東成田駅→芝山千代田駅(運賃200円/徒歩3分)だと思いますが、時間とお金の節約コースを選びました。また、この時刻表を見ると24時台、5時台の深夜早朝にも送迎バスがでていることがわかります。

まさにLCCを意識した施設。ちなみに、この23番Bバス停は、第3ターミナル無料連絡バスの道路をへだてた、真ん前です。

料金

基本、靴箱もロッカーも100円とか使いません。リストバンドを渡され、後払い方式です。

料金でとても注意が必要なことがあります。
例えば、平日入浴のみ1000円コースだと、90分制限があることです。
夜間料金をのぞいて、入り放題になるためには、岩盤浴コース以上を選ばないといけません。そう考えると、岩盤浴セットと往復交通費のついている「芝鉄×空の湯らくとくきっぷ」1000円がいかにお得かわかります。

◆入浴のみ(90分制限)◆
大人:平日1,000円/休日1,200円
小学生:平日500円/休日600円
入浴時間:11:00~翌8:00(サウナ~翌1:00)
朝風呂(5時~8時)利用は、大人500円、小学生250円
※会員割引設定あり

◆岩盤浴セット◆
大人:平日1,300円/休日1,500円
小学生:平日650円/休日750円
岩盤浴利用時間:11:00~0:00
オーバーステイ0:00~翌5:00)は、追加1500円
※会員割引設定あり

お風呂

ネットで見る写真ではかなり大きい施設に見えるますが、お風呂自体は8つで、コンパクトに設計されている感じです。純粋なかけ流しの湯船はひとつ。洗い場は20個。浴槽の最大の温度は42度くらい。サウナ横の水風呂は12度くらいに設定されていました。

洗面所には、無料のドライヤーと、トニック、ヘアリキッド、アフターシェーブがありました。

休憩室

特筆するのは、各リクライニングシートに個別の電源コンセントがついていること。

漫画もそれなりにたくさんあり、宿泊できるカプセルホテルもあります。オールインワンの施設です。

弊社では、オープンを祝して、以下の成田空港見学ツアーを実施します。また、成田空港の暇つぶしプランも豊富です。ぜひ、ご利用ください。

【7駅周遊】6つの成田+芝山千代田:ゴールは「成田空港温泉 空の湯」

成田空港見学ツアーや暇つぶしのお手伝い!

関連記事